« 初めての爆水!? (*^^)v その2 | Top | 克服と代償 ・・・ (涙 (T_T) »

初めての爆水!? (*^^)v その3

爆水!場所に、後から登場した水泳部。

1頭や2頭増えたところで・・・

な~んて書いたけど、

実のところは、9頭も増えていた。(^^ゞ

先着のお隣さんは、4頭だと言うのに・・・

と、言うことで、 (頭数を均等にするため)

ハチ、たまにココは、お隣さんにレンタルを! (笑

って、

勝手にお隣さんにお邪魔をしているだけなんだけどね。(^^ゞ

でも、

ハチに至っては、まったく違和感なく溶け込んでいる。

それも長時間、居座り、そのグループ(人、犬ともに)に完全にマッチをする。

以前は、見知らぬブラジル人?のところでも溶け込んでいた。

ワールドワイドで、相手選ばずなのである。


ちなみに、

お隣さんの子供たちとも仲良くなり、

本来のパートナー(わんこ)たちと子供たちとが一緒に水遊ぶをしている時より、

ハチ、そしてココと水遊びをしている方が長かった模様。

そして、

いつの間にか、

絶えず聞こえてくる声は、

子供たちの声で、

 “ハチ!、ハチ!”、“ココ、ココ!”

撤収の時間が来るまで、仲良く、ずっと遊んでいるのでありました。

 “ハチは、どこでも生きて行けるね(笑)”

 

 

 
ぷりちーあすたのコートも乾いてしまったので、

プチ ブラブラと探検をする事にした保護者。

ちなみに、探検するほどエリアはございません。(^^ゞ

コートが乾く=水にしばらく入っていない=爆水!に来て、入らない、乾いているなんてダメじゃん の方程式

探検するほどのエリアがなくても出発したには訳がある

それは・・・

 “ぷりちーあすたが、自ら水に入るよう、水に慣れるようにする!” なのでありました。(*^^)v

 

 
保護者が川を渡ってしまえば、黒1号も付いて来る。

もちろん、茶色3号も付いてくるはず。

そして、自ら入水をするはず。! < う~ん名案(^_-)-☆


目と鼻の先の距離であっても、歩き出せば、置いて行かれないようにしようとするはず。

しかし・・・

(数メートル)距離が距離だけあって、様子を伺ってばかりの茶色3号。

 

 
ミミばあさんでさえ、ご同伴をしようと川を渡って来たのに・・・

と、ひとり取り残される茶色3号なのでありました。 < 情けないなぁ・・・(ーー;)

 

 
なかなか川を渡ろうとしない茶色3号。

保護者は、知らん顔して、ウロウロして、

“いかにも置いてっちゃいますよ!” ってな感じに歩き回る。

 “そろそろ観念して、渡って来るかな・・・”

な~んて思いながら見てみれば・・・

そこには、“掟破り! 石の上を歩いて渡る!” の茶色3号の姿があるのでした。 ・・・ _| ̄|〇


 
と、

泳ぎをマスターする事無く、

車を克服する事無く、

初めての爆水!を体験した茶色3号なのでありました。

“まぁ、でも、”

“ただひとり、”

“1年ぶりの爆水に、”

“めちゃくちゃご満悦♪になれたみたいだから、”

 “これは、これでヨシとしましょうかネ(^_-)-☆!”


おしまい (^^♪



« 初めての爆水!? (*^^)v その2 | Top | 克服と代償 ・・・ (涙 (T_T) »

アーカイブ