« 珍しく月2回も山籠もり | Top | ちょっとびっくり! »

子ガラス紋次郎

6月4日早朝に巣立ちをして、レスキューされた子ガラスの子ガラス紋次郎(木枯らし紋次郎風)。

カラスって、ちゃんと飛べる前に巣立ちをするって知ってた?

親鳥は、餌を与えるのを減らして、自立を促すんだけど、

それが、飛べるか、飛べないか くらいの時から始まり、巣立ちをさせるらしい。

そして、よちよちの子ガラスは、巣の周辺で飛び方をお勉強し、

エサ取りのお勉強したり、小枝で遊んだりして、色々と学んでいるみたい。

この飛ぶ事のお勉強時に、人に見つかると、巣から落ちた? 怪我してる? 飛べないの?

となり、そのまま保護される子もいるとか…。

なので、もしも、そんな(飛べない)子ガラスを見かけたら、少し様子を見た方が良いらしい。

それに、ちゃんと、そばで親鳥が見守っているはずだしね。

で、

巣立ちをして、日々、飛ぶ事が上達している子ガラス紋次郎。

当初の2日間くらいは、飛んでいるのか? 落ちていくのか?  (爆

ってな感じの飛行で、良いところ、数十メートル。

なので、餌もほぼ自力で取る事は難しい状態。

本能?で、巣があった木を中心にして行動をしているので、

親鳥も子ガラスウォッチャーも子ガラスを見つけやすい。

そして、親鳥は、しっかりとお世話して、

餌も与えて、巣立ち後も子育てをがんばっているのでありました。 < 凄いね、偉いぞー

と、

カラスが、ここまでちゃんと子を育てている事を知って、ビックリ!。

巣立ちから約10日。

徐々に巣があった木の周辺にいる時間が減ってきている気がする。

カラスファミリーは、何とも思っていないと思うけど、

ずっと見守り、レスキューまでしたので、

姿が見えないと、少しだけ寂しくも思えるのでありました。


20170613.jpg
(左足の怪我?が個体識別になってます。)

« 珍しく月2回も山籠もり | Top | ちょっとびっくり! »

コメントを投稿

« 珍しく月2回も山籠もり | Top | ちょっとびっくり! »

アーカイブ