« 今年もカー子を… | Top | びぃちゃん、空組3年生 (^^♪ »

カー子ジュニア

先日のレスキュー後、

カー子ファミリーの姿が見えなくなっていて、

ちょっと寂しかったなんちゃってレスキュー隊員。

子ガラスは、飛べない癖に巣立ちして、数日間、ウロウロ。

そして、徐々に飛べるようになるんだけど、

飛べるようになっても、飛ぶのは下手くそ。 (笑

なので、

巣周辺の木などで長らく過ごす。

そして、その間も親が運んで来る餌をもらうみたいなのである。

と、

去年からのカラス観察?(微笑)で、

カラスの生態に詳しくなってきているなんちゃってレスキュー隊員。

レスキュー後、見当たらない場所に行っていても、

飛べるようになれば、きっと巣の周辺に戻ってくるはず。

そう思って、戻って来るのを楽しみにして待っていると、

数日前から、子ガラスと親ガラスのファミリーが現れるように。

巣があった周辺を中心にして行動をしているので、

たぶん、レスキューしたカラスのファミリーなのは、間違いなし。

ただ、3羽いた子ガラスの誰なのかは不明。

同家族って感じの行動で、親が2羽、子が1羽の構成。

今後、残りの2羽の子ガラスが加わるといいのだが…。

ちょっと、加わるにしては、少し時間が経ちすぎてしまった気もするが…。

今いる子が、

レスキューした子だとしたら、

2年連続で、手にした、手で触れた子の成長が見られる事に。 (^^♪

今年も成長が楽しみになるのでありました。 ニン (^^♪


20180528.jpg

« 今年もカー子を… | Top | びぃちゃん、空組3年生 (^^♪ »

アーカイブ