Petkind TripeDry ペットカインド グリーンビーフトライプ Petkind TripeDry ペットカインド グリーンラムトライプ Petkind TripeDry ペットカインド グリーントライプ&バイソン Petkind TripeDry ペットカインド グリーントライプ&ワイルドサーモン Petkind TripeDry ペットカインド グリーンベニソントライプ Petkind TripeDry ペットカインド SAPラムトライプ

<<戻る | 次へ>>
【フード】 |  |  |  |  | 

Petkind TripeDry ペットカインド グリーンビーフトライプ 

Petkind TripeDry ペットカインド グリーンビーフトライプ 「トライプ」は、反芻草食動物の「胃」の事で、「グリーントライプ」は、自然のままの状態の「胃」の事。 そのグリーントライプが、第一原材料に使われているドッグフードが、Petkindペットカインドのグリーントライプ(トライプドライ)。
野生の肉食動物が、真っ先に競い合って食べる内臓には、栄養価が高くバランスも良い。 欧米(ブリーダーやトレーナー)の間では、トライプは、常識として認知されているようです。
最近、日本でも、トライプが注目されるようになり、缶詰のトライプは、見かけるようになりました。 Petkindペットカインド トライプドライは、世界初!? トライプを第一原材料したカリカリフード(ドライフード)です。
トライプドライは、缶詰タイプのようなきつめの匂いではございませんので、あまり匂いは気になりませんが、スタッフ犬たちは、しっかりと、嗅ぎつけて、尻尾ブンブンしちゃいます。(^^ゞ

以前からトライプに興味があったので、Petkindペットカインド グリーントライプ トライプドライを知ってからは、直ぐにお試しに入り、お試し評価が済んだ後も、いつの間にか、ネイチャーズテイスト ラム&ダッグと混ぜたり、ローテーションしたりして、ネイチャーズテイストとペットカインドの種類がメインになるのでありました。

感想は、便の量が少なくなる。 トライプ特有な強いニオイは(人間的には、)気にならない。 スタッフ犬は、直ぐにわかって、支度中からクンクンが、激しかった。 粒は、大き目12mm前後でどら焼き型。 ナチュラルフード特有の、粒や色には、バラツキがある。 グルテンフリー。

オールライフステージ(全犬種・全年齢)
主な動物性タンパク源:ビーフトライプ、牛肉、鶏肉、七面鳥

 Petkind TripeDry ペットカインド グリーンラムトライプ 

 Petkind TripeDry ペットカインド グリーンラムトライプ 「トライプ」は、反芻草食動物の「胃」の事で、「グリーントライプ」は、自然のままの状態の「胃」の事。 そのグリーントライプが、第一原材料に使われているドッグフードが、Petkindペットカインドのグリーントライプ(トライプドライ)。
野生の肉食動物が、真っ先に競い合って食べる内臓には、栄養価が高くバランスも良い。 欧米(ブリーダーやトレーナー)の間では、トライプは、常識として認知されているようです。
最近、日本でも、トライプが注目されるようになり、缶詰のトライプは、見かけるようになりました。 Petkindペットカインド トライプドライは、世界初!? トライプを第一原材料したカリカリフード(ドライフード)です。
トライプドライは、缶詰タイプのようなきつめの匂いではございませんので、あまり匂いは気になりませんが、スタッフ犬たちは、しっかりと、嗅ぎつけて、尻尾ブンブンしちゃいます。(^^ゞ

以前からトライプに興味があったので、Petkindペットカインド グリーントライプ トライプドライを知ってからは、直ぐにお試しに入り、お試し評価が済んだ後も、いつの間にか、ネイチャーズテイスト ラム&ダッグと混ぜたり、ローテーションしたりして、ネイチャーズテイストとペットカインドの種類がメインになるのでありました。

感想は、便の量が少なくなる。 トライプ特有な強いニオイは(人間的には、)気にならない。 スタッフ犬は、直ぐにわかって、支度中からクンクンが、激しかった。 粒は、大き目12mm前後でどら焼き型。 ナチュラルフード特有の、粒や色には、バラツキがある。 グルテンフリー。

オールライフステージ(全犬種・全年齢)
主な動物性タンパク源:ラムトライプ、七面鳥

Petkind TripeDry ペットカインド グリーントライプ&バイソン 

Petkind TripeDry ペットカインド グリーントライプ&バイソン 「トライプ」は、反芻草食動物の「胃」の事で、「グリーントライプ」は、自然のままの状態の「胃」の事。 そのグリーントライプが、第一原材料に使われているドッグフードが、Petkindペットカインドのグリーントライプ(トライプドライ)。
野生の肉食動物が、真っ先に競い合って食べる内臓には、栄養価が高くバランスも良い。 欧米(ブリーダーやトレーナー)の間では、トライプは、常識として認知されているようです。
最近、日本でも、トライプが注目されるようになり、缶詰のトライプは、見かけるようになりました。 Petkindペットカインド トライプドライは、世界初!? トライプを第一原材料したカリカリフード(ドライフード)です。
トライプドライは、缶詰タイプのようなきつめの匂いではございませんので、あまり匂いは気になりませんが、スタッフ犬たちは、しっかりと、嗅ぎつけて、尻尾ブンブンしちゃいます。(^^ゞ

以前からトライプに興味があったので、Petkindペットカインド グリーントライプ トライプドライを知ってからは、直ぐにお試しに入り、お試し評価が済んだ後も、いつの間にか、ネイチャーズテイスト ラム&ダッグと混ぜたり、ローテーションしたりして、ネイチャーズテイストとペットカインドの種類がメインになるのでありました。

感想は、便の量が少なくなる。 トライプ特有な強いニオイは(人間的には、)気にならない。 スタッフ犬は、直ぐにわかって、支度中からクンクンが、激しかった。 粒は、大き目12mm前後でどら焼き型。 ナチュラルフード特有の、粒や色には、バラツキがある。 グルテンフリー。

オールライフステージ(全犬種・全年齢)
主な動物性タンパク源:ビーフトライプ、バイソントライプ、七面鳥

Petkind TripeDry ペットカインド グリーントライプ&ワイルドサーモン 

Petkind TripeDry ペットカインド グリーントライプ&ワイルドサーモン  「トライプ」は、反芻草食動物の「胃」の事で、「グリーントライプ」は、自然のままの状態の「胃」の事。 そのグリーントライプが、第一原材料に使われているドッグフードが、Petkindペットカインドのグリーントライプ(トライプドライ)。
野生の肉食動物が、真っ先に競い合って食べる内臓には、栄養価が高くバランスも良い。 欧米(ブリーダーやトレーナー)の間では、トライプは、常識として認知されているようです。
最近、日本でも、トライプが注目されるようになり、缶詰のトライプは、見かけるようになりました。 Petkindペットカインド トライプドライは、世界初!? トライプを第一原材料したカリカリフード(ドライフード)です。
トライプドライは、缶詰タイプのようなきつめの匂いではございませんので、あまり匂いは気になりませんが、スタッフ犬たちは、しっかりと、嗅ぎつけて、尻尾ブンブンしちゃいます。(^^ゞ

以前からトライプに興味があったので、Petkindペットカインド グリーントライプ トライプドライを知ってからは、直ぐにお試しに入り、お試し評価が済んだ後も、いつの間にか、ネイチャーズテイスト ラム&ダッグと混ぜたり、ローテーションしたりして、ネイチャーズテイストとペットカインドの種類がメインになるのでありました。

感想は、便の量が少なくなる。 トライプ特有な強いニオイは(人間的には、)気にならない。 スタッフ犬は、直ぐにわかって、支度中からクンクンが、激しかった。 粒は、大き目12mm前後でどら焼き型。 ナチュラルフード特有の、粒や色には、バラツキがある。 グルテンフリー。

オールライフステージ(全犬種・全年齢)
主な動物性タンパク源:ラムトライプ、サーモン、七面鳥

Petkind TripeDry ペットカインド グリーンベニソントライプ 

Petkind TripeDry ペットカインド グリーンベニソントライプ 「トライプ」は、反芻草食動物の「胃」の事で、「グリーントライプ」は、自然のままの状態の「胃」の事。 そのグリーントライプが、第一原材料に使われているドッグフードが、Petkindペットカインドのグリーントライプ(トライプドライ)。
野生の肉食動物が、真っ先に競い合って食べる内臓には、栄養価が高くバランスも良い。 欧米(ブリーダーやトレーナー)の間では、トライプは、常識として認知されているようです。
最近、日本でも、トライプが注目されるようになり、缶詰のトライプは、見かけるようになりました。 Petkindペットカインド トライプドライは、世界初!? トライプを第一原材料したカリカリフード(ドライフード)です。
トライプドライは、缶詰タイプのようなきつめの匂いではございませんので、あまり匂いは気になりませんが、スタッフ犬たちは、しっかりと、嗅ぎつけて、尻尾ブンブンしちゃいます。(^^ゞ

以前からトライプに興味があったので、Petkindペットカインド グリーントライプ トライプドライを知ってからは、直ぐにお試しに入り、お試し評価が済んだ後も、いつの間にか、ネイチャーズテイスト ラム&ダッグと混ぜたり、ローテーションしたりして、ネイチャーズテイストとペットカインドの種類がメインになるのでありました。

感想は、便の量が少なくなる。 トライプ特有な強いニオイは(人間的には、)気にならない。 スタッフ犬は、直ぐにわかって、支度中からクンクンが、激しかった。 粒は、大き目12mm前後でどら焼き型。 ナチュラルフード特有の、粒や色には、バラツキがある。 グルテンフリー。

オールライフステージ(全犬種・全年齢)
主な動物性タンパク源:ベニソントライプ、ビーフトライプ、鹿

Petkind TripeDry ペットカインド SAPラムトライプ 

Petkind TripeDry ペットカインド SAPラムトライプ  「トライプ」は、反芻草食動物の「胃」の事で、「グリーントライプ」は、自然のままの状態の「胃」の事。 そのグリーントライプが、第一原材料に使われているドッグフードが、Petkindペットカインドのグリーントライプ(トライプドライ)。
野生の肉食動物が、真っ先に競い合って食べる内臓には、栄養価が高くバランスも良い。 欧米(ブリーダーやトレーナー)の間では、トライプは、常識として認知されているようです。
最近、日本でも、トライプが注目されるようになり、缶詰のトライプは、見かけるようになりました。 Petkindペットカインド トライプドライは、世界初!? トライプを第一原材料したカリカリフード(ドライフード)です。
トライプドライは、缶詰タイプのようなきつめの匂いではございませんので、あまり匂いは気になりませんが、スタッフ犬たちは、しっかりと、嗅ぎつけて、尻尾ブンブンしちゃいます。(^^ゞ

以前からトライプに興味があったので、Petkindペットカインド グリーントライプ トライプドライを知ってからは、直ぐにお試しに入り、お試し評価が済んだ後も、いつの間にか、ネイチャーズテイスト ラム&ダッグと混ぜたり、ローテーションしたりして、ネイチャーズテイストとペットカインドの種類がメインになるのでありました。

感想は、便の量が少なくなる。 トライプ特有な強いニオイは(人間的には、)気にならない。 スタッフ犬は、直ぐにわかって、支度中からクンクンが、激しかった。 粒は、大き目8mm前後でどら焼き型。 ナチュラルフード特有の、粒や色には、バラツキがある。 グルテンフリー。

オールライフステージ(全犬種・全年齢)
主な動物性タンパク源:ラムトライプ、ラム

<<戻る | 次へ>>
【フード】 |  |  |  |  |