« やっぱり似ている | Top | 非常に微妙な茶色3号 »

直ぐ伸びるボーボージー

時間は、沢山あるようで、ない。 (^^ゞ

いや、沢山時間はあるのだが、無駄遣いが多いのか!?

と、

そんな訳で、

気が付けば、

自ら、ボーボージーを毟って、

 「あの~」

 「最近、お手入れしてもらっていないんですけど…」

と、

訴えた茶色3号。

 「すまん!」

 「すまん!… (^^ゞ」


って、事で、

ボーボージーカットを!

20190326-01.jpg

 
まずは、

指の間のボーボージーを

人で言うと、手の甲 の方へ跳ね上げ引っ張り出して、チョッキチョキ!

甲を大雑貨に処理したら、

肉球側をバリカンでザックザク!

バリカンだと、綺麗に、短く、そして手っ取り早い。

それが済んだら、

指の間の長いのが残っていないか?

チェックして、

はい、一足完了です。(^_-)-☆

 
20190326-02.jpg

 
ボーボージーカットをする度に、

前足と後ろ足の違いを感じる、なんちゃってトリマーの保護者。

前足の肉球回りと甲は、かわいいんだけど、

後足は、可愛さがイマイチ。

この違い、分かるかな…

と、

毎回、思いながら、チョッキチョキをするのでありました。

 
で、

今回のカットは、これだけ。

バリカンだと、それなりにカットができるので、

「たかが肉球のはみ出し毛」 

「されど、それなりの量の邪魔なはみ出し毛」

って、よーく分かるのでありました。

 「これじゃ、毟りたくもなるよね (^^ゞ」

 「すんませんでしたぁ~ (^^ゞ」

 

20190326-03.jpg

« やっぱり似ている | Top | 非常に微妙な茶色3号 »

アーカイブ