« コーヒー豆 | Top | 結局、Get! »

消えた年金… 戻って来た(^_-)-☆

以前、

すごーく、

話題になった 消えた年金問題。

当時、色々な方法で、

「この記録であってますか?」

「足りない部分はありませんか?」

的だった

確認などがされていた記憶がある。

で、

自分も身内にも大きな(訂正、変更、追加などの)事はなく、他人事となっていたのだが…。

昨年、

父親の事で、年金事務所に行った不出来な子の事務員。(^^ゞ

その際、母親の事も、ついでと言ったら、怒られちゃうけど、

ついでに、サラッと、漏れ云々を調べて見ると、

な!、なんと!

それらしき、母親の独身時代の物が見つかる。

期間は短かったし、苗字も違ったので、宙ぶらりんになっていたが、

それが、母親と紐づいた。

で、

当然、諸手続きを。

5年時効までの分は、ほぼほぼ間違いなく、さかのぼりで支給がされる事に。

そして、

もちろん、これからも、追加で支給がされる事に。

で、

問題は、5年以上も前の時効成立し、失効した部分。

異議申し立て? 特別失効なんちゃら とか言うの手続きをすると、

審議され、落ち度が国側にある。と認められると、時効前の部分が救済されるって事。

と、

これを去年の秋にし、増えればいいね。(親指(笑

としていると、

先々月くらいから、年金事務所から、色々な案内が届き始める。

何やら難しい事が書かれていて、似たような書類が、あちこちから来る。

で、

何回かに分かれて、

と言うか、取りまとめされず、バラバラのまま、

なんとかの分、この分、あの分… 的に、

消えた年金が、振り込まれて来るのでありました。

そして、

一番最後に、

時効成立失効部分も救済される事に。

普通に、月額でいただくと、大きな額でないけれど、

数十年分を一括でいただくと、

新車一台分くらいが救済され、

 塵も積もれば山となる!

元々は、もらえるもので、自分のものではあるけれど、

なんとなく、ギフトをもらった気分になれるのでありました。

つーても、

私のじゃないけれどね(微笑

画がないと寂しいので すぅをぺったん!

20190427.jpg

« コーヒー豆 | Top | 結局、Get! »

アーカイブ