« しろ子とちゃお (長いっす でも記録として残したい! その1 | Top | しろ子とちゃお (長いっす でも記録として残したい! その3 »

しろ子とちゃお (長いっす でも記録として残したい! その2

子猫が現れて、数日後、子猫の母親が判明した。

母猫は、しろ子だった。

子猫には、尻尾が茶色いから、ちゃおと呼んでいる。

 
しろ子、離乳が始まり、子猫が動けるようになったらしく、

産んだ場所から、ここに引っ越しをして来たしろ子とちゃお。 

ココをまた住処にするようだ。

たぶん、生後、1か月半くらい。

しろ子は、半分野良で、半分は、ココの子的なような部分がある。

そんなしろ子(親の)姿を見て、警戒心薄く育てば、捕獲して、飼い猫になれる。

近所の方も、3代目でやっと(捕獲機など使わず、馴らして、)捕獲したとも言っていた。

しろ子とちゃおは、飼い猫の道に行けるかもしれない。

 
20190818-00.jpg

 
テラスの下に、ちゃおを隠して、一緒に住むしろ子。

しろ子が戻ると、テラスに上がって、2人して寛ぐ。

以前、しろ子がお気に入りの小さな椅子は、まだ、ちゃおには無理のようで、

しろ子も上がろうとしない。

その代わり、捨てる段ボールを重ねた、

ちょっとだけ高くなっている段ボールベッドがお気に入りに。

ちゃおと2人の時は、テラスで遊んだり、段ボールベッドで過ごすようになる。

 
20190818-01.jpg

  
しろ子が、見回りや狩り?(微笑)、トイレ?に出かけると、

ちゃおは、テラスの下に隠れて待つ。

そんな日々を過ごしていた。
 

7月30日 

家を挟んで、テラスとは真逆のどこからか、子猫の声が聞こえる。

 
親猫を呼ぶ声だ。

ちゃおが、しろ子を探して、建物の反対側まで来てしまったのか?

声の元を探すが見つからず…。
 

7月31日 

昨日と同じ方からと、その先の建物真裏から子猫が親猫を呼んでいた。

そして、テラスの隣にある物置の先の狭い隙間に、おかあちゃんの姿を発見。

見ただけで、シャーシャーと威嚇。

その威嚇を見て、おかあちゃんも産んでいると思い、周辺をチェック。

すると、

黒猫2匹とちゃおの色違い、黒の尻尾の子の3匹がおかあちゃんの子のようだ。

ちゃおとは、1か月くらい後に生まれた感じの小さな子猫。

おかあちゃん、テラスの下を今後の住処にする考えで、3匹を2日かけて連れて来た。

しろ子の水とご飯を横取りして、テラス下に、しろ子とちゃおと同じように住もうとし、

物置の下とその隣のテラスの場所を陣取り始めている。

そして、しろ子たちを追い出した?

もしくは、おかあちゃんの子に近寄ると、文句を言う!?(微笑

しろ子とおかあちゃんだけだと、普通に挨拶をして接しているようだが、

子猫が絡むと、おかあちゃんは、怒るみたいな感じで、

しろ子とちゃおは、物置から一番遠いテラスの隅か、

その先の通路などで過ごすようになる。

 
20190818-001.jpg
おかあちゃん、見ただけで、シャーシャ―言ってます。(笑

 
おかあちゃんは、野良で生きて来た。

だから、野良で生きて行く手段を知っている。

なので、おかあちゃんのお世話、そして、まだ何も知らないおかあちゃんの子猫には、

大変申し訳なく、可愛そうと思うのだが、お世話は、しない。手を出さない。と決めた。

水くらいは、そのままテラスに置くが、

食べ物などは、出さないし、出ていれば、直ぐに回収し、子猫たちに学ばせない。 とした。

 
しろ子は、半分野良の部分もあり、しろ子とちゃおは、家の猫の道を。と考えているので、

最低限のお世話を続け、タイミングを見ていた。

 
屋根があり、壁が3重?になっているテラス。

水もあり、食べ物もあれば、最高!?(微笑)に住みやすいのだろう。

しかし、食べ物がなく、保護者やあすた、すぅの姿が、ちらちらする環境は、

まだ小さい子猫3匹をいっぺんに守れないと判断をしたおかあちゃん。

引っ越して来た後、1週間後くらいには、また子猫を安全な場所、

たぶん、しろ子とくろ子を育てた大きな木の下(木の裏手にある小屋の下)に、戻ったようだ。

 
続く

 
※ 野良ちゃんに対して、色々な意見があると思います。
 この記事と異なるご意見もあるかと思います。
 その際は、読み捨てていただき、ご気分を害されました方には、お詫びいたします。

« しろ子とちゃお (長いっす でも記録として残したい! その1 | Top | しろ子とちゃお (長いっす でも記録として残したい! その3 »

アーカイブ