« 足の指のヒビと爪の負傷のその後 | Top | 10回目と自粛とP (一一") »

野外でも混雑して困るかも… (^^ゞ

外出自粛の緊急事態宣言が出てから、

いつもの散歩コースもいつも以上の人が来るように…。

まずは、学校だけがお休みになってから、

部活?と称して、仲良しグループが集結をするように。

ランニングは、一応、するんだけど、

集団で、談笑しながら、真横をゆっくりと通過するのが、めちゃ気になり、

通過時は、そっぽや下を向いて息止めて、5~6mくらい離れるのを待つ。

時には、こちらがバックして距離を取るって感じ。

ランニング前と後は、道端で、これまた談笑。

風向きなどによっては、5~6mじゃ、不安って思える事もあり、

「君たちは、若いから、平気かも知れないけど…  ね。」

となる。

もしも、自分が感染して自覚症状がないまま、年老いた母親に会ったとしたら…。

そう思い考えると、

自分自身も(感染して苦しむのはイヤだけど)そうだけど、

自分が平気だからいいじゃん、大丈夫でしょう。じゃすまないと思う。

自分を含め、回りの状況を考えると、おっかなくてしょうがない。 (^^ゞ

と、思っていたら…


東京ほかが、宣言が出て、その後、全国に。

そしたら、

ココの散歩コースは、過去にない混雑ぶりに。

今まで平日の朝の散歩は、

70代、80代の人のウォーキングとラジオ体操組に、2~3人の社会人的ランナーだけ。

それが、平日の朝で、中高年サラリーマン的な人や家族が加わり10倍くらいに増加。

夕方はもっと増える。

先日の休日の日中は、10倍では利かぬ増殖ぶり。 (汗

各々、ちゃんと距離を取っての行動ならば、

多少は、新人さんが増えてもって思えるけど、

話しに夢中になって、距離は取らないで、通過し、

人の前に回り込んで歩き、大きな声で話して、飛沫を飛ばす。

バトミントンしたり、遊びで固まっているいるグループも…。 (一一")

つーのが、

怖くてしょうがなく思えるのでありました。

通過する時は、めいいっぱい距離を取って、

前に割り込まない。

粗い息で、大きな声で、横向きながら走ったり、歩いたり、くっちゃべったりで不安。

野外とはいえ、人と接触ができる距離には、入らないで欲しい。

そう、願うのでありました。

みんな、かかろうと思って感染する人もいないと思うし、

こんな距離感では感染する事もあるはずなのに、まさか自分が… って思うのがね。

海外で、人を見たら、コロナウィルスと思え! 

そのくらいの事をしないと、

なかなか回避ができないのかも知れない。

と思うのでありました。

自分も、母もまわり人も、絶対に、かからないぞ! 移さないぞ!

まだまだ一緒にいたいもん(^^♪

  

20200422.jpg

« 足の指のヒビと爪の負傷のその後 | Top | 10回目と自粛とP (一一") »

アーカイブ